誰やねん_?

東京の居酒屋、ワイン持ち込み拒否に不快感
エッセイを紹介したブログエントリー 「キッチン」「TUGUMI」などの小説で広く知られるよしもとばななさん。
今回話題になったのは、2006年6月に出版され、09年4月に文庫化されたエッセイ集「人生の旅をゆく」の中の一節だ。

エッセイで、よしもとさんは、東京の居酒屋で、飲食の後に、ヨーロッパから一時帰国中の友だちがおみやげに持ってきた
デザートワインを開けたときのことを書いた。そのときは、友だちの送別会を兼ねており、店の女性アルバイトにグラスを借りて、
仲間内7人で小さく乾杯した。

店内には、よしもとさんらしかおらず、あと2時間で閉店だったという。ところが、居酒屋の店長は、グラスを貸した女性バイトを
キッチンで激しく叱り、よしもとさんらにも「困る」と説教をし始めた。よしもとさんらは、友だちが海外から持ってきた特別な酒で、
いくらかお金も支払うと説明したが、店長は一度許すときりがないと受け付けなかったという。

これに対し、よしもとさんは、「みながそれぞれの仕事のうえでかなりの人脈を持っている」と店長が見抜くべきだったと批判。
持ち込みのリスクがなくなる代わりに、潜在的に大勢の客を失ったとして、「店長がすげかえられるか、別の居酒屋になっているだろう」
「都会のチェーン店で起こっていることの縮図」などと指摘している。

ttp://www.j-cast.com/2009/08/17047609.html


(゚Д゚)ハァ?誰やねん?テレビで露出してるならともかく、東野圭吾氏とか村上春樹氏でもわからんわ

>「みながそれぞれの仕事のうえでかなりの人脈を持っている」
ttp://www.sweetbaby.it/byp/photos/2.jpg
ttp://hikosaka.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_11f/hikosaka/E38288E38197E38282E381A8E381B0E381AAE381AA1.jpg

・・・明治の元勲ならわかるけど、これでわかれって、どんな罰ゲームだよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック